女性用育毛剤のランキングで【活き活き育毛ライフ】

薄毛

男性との違い

男性も女性も歳をとると悩む体の症状に薄毛があります。最も薄毛の症状は男性の方の方が悩んでいる方が多いわけですが、実は女性も薄毛で悩んでいる数は多いです。割合的には男性も女性も変わらない数の方が何らかの薄毛の症状に悩んでいるとされていて、正しい治療方法や対策方法を知ることは非常に重要になってきます。ただ女性の薄毛の原因と男性の薄毛の原因は根本的に違うという特徴もあります。まず男性が薄毛になってしまう理由は男性ホルモンにあります。つまるところ男性はそもそもホルモンによって薄毛になりやすいという状況があり、自然に髪が抜けていくのはある意味正常に歳をとっているという事でもあります。ただし女性の薄毛の場合はホルモンが関係しているわけではなく、食生活や体の変化、また老化現象などがあるとされていて、男性以上に薄毛の原因を把握するのが難しかったりします。
女性の薄毛対策を行うためには薄毛の原因を把握することからまずは始めるべきです。例えば急に薄毛の症状が出てきたという場合は体の老廃物を正しく排出することができていない状況である可能性があります。つまり代謝が悪くなっていて、毒素が体から排出できていない状況になっています。こういう場合はフケの発生が異常に多くなり、脂漏性皮膚炎を起こしている可能性が高くなります。女性の方でよく見かける薄毛に牽引性脱毛症があります。牽引性脱毛症は髪の分け目から徐々に薄毛になってしまう症状で、若い頃から髪を引っ張るような髪型、例えばポニーテールなどを行っているとなりやすくなるとされています。常に圧力がかかっている状態になり、その部分やその周辺に正しく血液が通りにくくなってしまいます。そのため髪の栄養成分が滞り、健康的な髪が生えにくくなってしまいます。女性の薄毛はホルモンとは関係ないと前述しましたが、直接的な関係は無いとしても間接的な関係はじつはあります。というのも女性の体はホルモンによって支配されています。ホルモンの崩れが起きれば体全体の状態が変わり、大きなストレスを感じてしまいます。そのためストレス性の薄毛になりやすい傾向があり、男性型脱毛症であるAGAと同様の症状が発生します。勿論AGAとは全く持って原因が異なるため、治療方法も全くことなります。